2009年3月10日 (火)

誌友会で思わず…

 先週の土曜日、相愛会誌友会に出講したときのこと。

 その前の会議が押してしまって会議終了後、大慌てで支度をしていると会場主から電話が…
「今日は新人が来ているので宜しくお願いします!」
 ぎょぇ~(@o@)ちょっと想定外!!
 というのも、おそらく馴染みの顔ばかりだと思っていて、今月のテーマが「徳積み」ということもあり、陰徳の話から環境問題に結び付けようと考えていました。
 しかし、新人がいたんではちょっと飛躍し過ぎるし、新人向けの話から環境保全の話につなげるまでには時間がない、これじゃ私の予定がぁ、なんて思いつつもとにかく会場へ一目散…。

 5分遅れで到着し、とりあえず新人向けに「徳積み」の話をしながら、どうにか日時計主義の話までこぎつけて日時計日記の紹介まで出来ました。すると参加者からは日時計日記についての質問や、「徳積み」に関する決意なども伺えたので、結果的には満足のいく内容で終えることができました。

 一通り、講話の内容についての座談会にも一区切りがついたころ、新人さんの口から出た感想に思わずビックリ!
 というのも実はこの新人さん、奥さんが生長の家を若い頃から信仰されていて、ご自身も少しは生長の家を勉強した感じではあったが、この日は奥さんが数十年ぶりに生長の家の集まり(誌友会)に参加するということで、体調不良ではあったがどうにか一緒に来れました、ということでした。このご主人曰く…
「生長の家が政治活動と関係をきったことは非常に評価できる。というのも、近年世界を騒がせているイスラム教圏内で起こっている戦争などはすべて政治と宗教が絡み付いた結果だから、生長の家(宗教)が政治の世界と離れて正解だと思う」と、大略このようなことを仰っていた。

 すると私自身が一番驚きましたが、この方の感想(意見)に対して即座に出た言葉が概ね次のような言葉だったと思う。

 たしかに9・11以降世界各地で起こっている紛争の火種の一つにイスラム教原理主義の人たちがいるようですが、それはイスラム教すべての人々ではないはずです。というよりも原理主義の人たちが少数であって、大多数のイスラム教の人は温厚であり、教えそのものも非常に寛容な教えです。たしかにイスラム教は教えの中で聖俗一致を主眼にしているので、政治と宗教が一緒になるのは当り前のことなんでしょう。だからといって、それが暴力的な行動(政策)につながるとは必ずしも限らないので、それよりもイスラム教のよいところ、生長の家と似たようなところを見つけて、手を取り合って世界平和を実現していきましょう。云々…

 こんなに綺麗な表現ではなかったかと思いますが、言いたかったことはこう意味で、言い終えたあと内心思わず「大丈夫かなぁ」なんて思いましたが、この方もある程度理解してくれたようだったので安心しました。(^^;

 ご存知のように生長の家では数年前からイスラム教についての勉強が始まっていて、昨年11月には『衝撃から理解へ』という本も出版されました。先日の「法燈継承祭」参列の際、道中にあらためて読んでいたのが良かったのか、上記の感想(意見)にはすぐに返答できたのがとても嬉しかった。しかし私自身が上記の本を読み直して思っていたことは、「イスラム教の人たちと仲良くなるための勉強、もしくは専門家や宗教者に説明するため」という感想でした。
 だが今回の件で気づかされたのは、(本を読む以前の自分自身もそうだったが)マスコミのお陰で間違ったイメージが広がっているので一般の人たち向けにイスラム教の誤解を解くためにもこれは必要な勉強だし関連する質問も増えそうだ、ということでした。

 これかもしっかりと総裁先生のご指導をいただきながら世界平和実現に邁進して参りたいと心を新たにしました。(^o^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

万敎帰一

過日、有志を募って座間味島へ日帰りで出かけました。座間味と聞いてピンとくる人はかなり意識の高い人だと思いますが、目的はもちろん慰霊のためです。昨年から世間を騒がせている教科書検定問題(集団自決)で話題の島です。

偶然にも2/23付の産経新聞に載っていた宮平秀幸さん(78)と連絡がとれてお話を伺うことができました。私の勉強不足だったのですが、当時、軍命がなかったことを直接聞いたという島の人間(民間人)は既に全員(5名)亡くなっていて、当時のことを立証できる人はもういないと思っていたが、実は村の青年男子は全員、日本軍(防衛隊)の一員として従事していて、この宮平さんは軍の伝令役として島中を走り回る大事な役目をしていました。そういう大事なお役目なので、常に隊長の近くで待機することが多く、その現場にも軍属として居合わせていたので軍の命令がなかったこと知っている(聞いた)方でした。

色んな話を沢山伺ったので詳しい内容は改めて紹介しますが、今日お話したかったのは「人の道(真理)というのは極めれば一緒なんだなぁ」ということです。私の上司がよくいうことなんですが「人間は極めると最後は感謝や人の為に生きることに行き着く」と。そう言ってよくスポーツ選手の体験談やインタビュー記事の話をしたりします。まさにこの宮平さんも「暗黒面を見ないで、光明(正しい)面を見る」「人の為に生きる」といった信仰者のようなコメントがたくさんありました。

宮平さん曰く「確かに日本の軍人さんも中国や韓国等で散々な事をしてきたらしい…私(宮平さん)自身見たわけではないが、そういう武勇伝をたくさん聞かされた。集団自決(当時は「玉砕」と呼んでいた)も実際には間違いなく起こっているし、悲惨な話は数限りなく知っている。しかし当時の考え方や状況も知らない人にそんな話をした所で理解できるとも思えないし、話している自分自身嫌な気分になる。私の話を聞いて信じたくない人はよく右か?左か?と尋ねるが、僕は右でも左でもない。それよりも正しいことを語っている方がとても気が楽になるので、今生のこの命を真実を伝えるために使いたい」(意訳)

やはり本当の正しい道を歩んでくると、自ずと信仰者のような言葉が出てくるのを聞くたびに「万教帰一」を実感します。と同時に生長の家のみ教えの素晴らしさを更に体感できる旅でした。(^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

やはり足元から…(^^;

原油価格の高騰から様々な物価上昇を招き、家庭の台所事情を直撃している昨今…ほんのちょっとだけ嬉しいニュース♪

ブラジルと言えば、今やバイオエタノール先進国として世界をリードしているが、このたびブラジルの国営企業(ペトロブラス社)が沖縄の石油精製会社・南西石油(ゼネラル系)を買収することで合意したと地元の新聞「琉球新報」(11/8付)が伝えています。

記事によると「ブラジルの国内需要分をほぼ独占」という、まさにバイオエタノールの発信源。その会社が「買収後に一千億円規模の投資を行い、最新の精製設備を導入する方針」と同紙は伝えています。

「これで今まで通り自動車が使える」「安いガソリンが手に入る」という訳ではありませんが、少しでも皆様のライフスタイルの変化が簡単なところから始められる、今までの習慣をチェンジするという技術導入は歓迎すべきだろうと私は思います。

私自身、「まずは自分の出来ることから…」と思いスタートしたときから考えると、今では自分でもビックリする位変わったと思う。何事もはじめの一歩を大切に、地道に確実に歩んでいきたいなと改めて感じています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)