« 2009年2月 | トップページ

2009年3月

2009年3月23日 (月)

みんな神の子!

前回の「完食で感謝?2」で、かんみ様から以下のご指導をいただきました。(^^;

>ひとつ気になることがあるのですが、

>>(生長の家を知らなくても)事故や病気にならない人はそういう(事故や病気という)経験を積まなくても最初からそれだけの徳がある、感謝というものを知っている人たちなんだ、素晴らしい人たち(神の子)なんだ。。。

>というところは。。。疑問に思います。
>病気の人とか事故にあったりする人は、感謝の気持ちが少ない人みたいに聞こえるのですが・・・
>そうとばかりは言えませんよね?
>徳の高い人も病気になることだってありますからね。人それぞれ、いろんなかたちで、魂が磨かれていくものだと思います。
>病気の人も事故にあった事のある人もそうでない人も皆神の子ですし。
「たしかに仰るとおり!」と私も思います!!
 私が伝えたかったことはまさにそこなんですが、つい手抜きをしてしまって…
実は私がいつもこの話をさせていただいたり、他の素晴らしい体験談などを紹介するとなかには「そういう体験(経験、環境)があったりするから悟れるんだ(気付きを得られるんだ)」と間(かん)違いをされる方がいます。そこで私はいつもそういう間(かん)違いがないように「そんな経験をしなくても皆さん(あなた)も神の子なんですよ」ということを伝えたくて、この話をしたあとはこの言葉も添えるというパターンになっちゃっていました。

 しかしお陰さまで今回この件でとても勉強になりました。
 自分で「blogを書くということ」でもっと言葉の力を大事にしなくちゃ、と書いたばかりだったのに…。
 この話をする時はもっともっと補足して話さなくてはいけませんね。(^^;

 かんみ様♪今回のご指導真にありがとうございます。(^人^)
 私がこのblogのタイトルに込めた想い通り、このblogを通して磨かれていくようでめちゃ×2嬉しかったです。(*^o^*)
 ただ再アップが遅れて申し訳ありませんでした。ココログを利用されている方はご存知かと思いますが、最近いろいろと変更時期になっているようで未だにPCからログインできません。携帯からだとわずらわしいぃ…(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

完食で感謝?(2)

 前回の「完食で感謝?」の続報です!
 あの記事を発見したときから「なんとなく聞き覚えのある学校だなぁ」なんて思いながらblogを書いていました。

 すると翌日から始まった練成会のお手伝いに青年会のヤングさんが加入。当然、話題は前日の卒業式。ちょうど卒業生がいるヤングさんだったので思わず単刀直入に聞いてみた。
わし「山内中学校だった?」
ヤング「そう!」
わし「何組?」
ヤング「えへっ新聞見た?(笑)」
なんと!あのメンバーの中にちゃっかり入っていたとか。
(*^o^*)

 このヤングさん、実は県内ではかなりメジャーな方、というのも平成12年の全国青年練成会で体験発表をして即、普及誌の清超先生の御文章で紹介され聖典『無限を生きるために』にも掲載されたS・Mさん。この方のご主人は、私が生高連時代の先輩で「この方なくして今の私は生長の家にいなかった」と胸を張って言い切れる?ほど非常にお世話になった方。
 そのうえ、このヤングさんと私はほぼ同じ年頃に交通事故に遭っていて、同じく瀕死の重傷を負い(私の場合はそうでもないが)奇跡的ともいえる回復力で立ち直ってきたのでなんとなく話が合う。

 話はまったく変わるが、この頃このblogの訪問者が急激に増えた。何故だろう?と思って熊本まで遊びに行ってみると、シコク嫁さんがちゃっかり紹介してくれていた。
ありがとうございます!(^人^)

 そのシコク嫁さんが応援されているかんみさんのblogを読ませていただいて、すごく感動した。こんなにも強い人がいるんだと…。
 早速祈らせていただこうと思っているが、(もしかすると違うかもしれないけど)なんとなくD君が伝えたいことが分かる気がしたので(非常にお節介だが)代弁したくなった。

 というのも、冒頭に書いたヤングさんと私が事故に遭って、お互いが同じ想いなのが「事故に遭って良かった」ということ。D君とはまったく違うケースかも知れませんが、私たち二人の共通項は、事故に遭わなければ(不遇な立場にならなければ)きっと両親に感謝とか、周りの人への感謝とかというものは今ほど分からなかったはず。それと同時に事故に遭わない人や病気にならない人がどれだけ素晴らしい人達なのか分かったということ。私達は事故(病気)を通して感謝というものを教えていただいたが、(生長の家を知らなくても)事故や病気にならない人はそういう(事故や病気という)経験を積まなくても最初からそれだけの徳がある、感謝というものを知っている人たちなんだ、素晴らしい人たち(神の子)なんだ、ということでした。

 だからD君もお母さんに心配させたくないという想いもきっとあるとは思いますが、それよりも「今の境遇で良かった、この環境に生れてくることが出来て本当によかった、お母さん、生んでくれてありがとう…」きっとそう伝えたいんじゃないのかな…
 かなり出しゃばった内容なんで、かんみさんの了解が得られなければ後半部分は削除しますので…m(_ _)m

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

完食で感謝?

 卒業シーズン真っ只中、ユニークな取り組みで伝説達成を果たした卒業生の記事を発見。
 山内中学校(沖縄市)と久辺中学校(名護市)の生徒たちだが、なんでも給食を残さない“年間完食”という伝説を達成したニュースが今日付けの沖縄タイムス紙に載っていた。

 「給食は毎日残さない」を目標に4月から取り組んできた久辺中学校3年2組の21人が11日、1年間を通して連続完食194日を達成。男子生徒の一人は「時間内で食べ終わらないことを注意され、皆で準備時間を短縮したりして目標に向けて協力して努力した」と感想。女子生徒も「野菜はあまり好きではないが、少しずつ食べられるようになった」と振り返る。

 山内中学校3年1組でも11日、最後の給食を残さず食べ、計191日間の年間完食を達成した。食べ物を大事にする心、作った人に感謝する心をはぐくもうと4月から取り組んできたが、生徒達は「チームワークがあったからできた」と喜んでいる。
 担任の先生は「みんなで何かに取り組もう」と提案したものの「まさか一年間続くとは」と生徒の頑張りに脱帽。
 完食のコツは「食べ残しとは思わない」ことと、「全員で助け合う」こと。苦手なメニューを強要するのではなく、品目を残してしまう生徒がいたら、男女関係なく周りの生徒が食べることを徹底。ミミガー(豚の耳皮)が出た時は、多くが鍋に残ったが、生徒全員が少しずつ食べ回すなど、チームプレーに徹した。
 完食を率先した女子生徒は「今では家のご飯も完食しないと、という気持ちになっている」と笑顔。
 同校では2年生のクラスでも2学期から完食が続いているらしく校長先生は「食べ物を大事にする心を伝え、今後も完食の輪を広げたい」と話されていたそうだ。

 日常の何気ないことでも仲間と共に、一年間と限定せず、ある一定期間団結して取り組むことで色々なことを学べると思う。これから新年度を迎えるにあたり、また何か新しいことに取り組みながら、新しい気づき(感謝)を発見したい、そう思わせる記事でした。そういえば我が母校の校訓は「継続は力なり」だったなぁ…(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

誌友会で思わず…

 先週の土曜日、相愛会誌友会に出講したときのこと。

 その前の会議が押してしまって会議終了後、大慌てで支度をしていると会場主から電話が…
「今日は新人が来ているので宜しくお願いします!」
 ぎょぇ~(@o@)ちょっと想定外!!
 というのも、おそらく馴染みの顔ばかりだと思っていて、今月のテーマが「徳積み」ということもあり、陰徳の話から環境問題に結び付けようと考えていました。
 しかし、新人がいたんではちょっと飛躍し過ぎるし、新人向けの話から環境保全の話につなげるまでには時間がない、これじゃ私の予定がぁ、なんて思いつつもとにかく会場へ一目散…。

 5分遅れで到着し、とりあえず新人向けに「徳積み」の話をしながら、どうにか日時計主義の話までこぎつけて日時計日記の紹介まで出来ました。すると参加者からは日時計日記についての質問や、「徳積み」に関する決意なども伺えたので、結果的には満足のいく内容で終えることができました。

 一通り、講話の内容についての座談会にも一区切りがついたころ、新人さんの口から出た感想に思わずビックリ!
 というのも実はこの新人さん、奥さんが生長の家を若い頃から信仰されていて、ご自身も少しは生長の家を勉強した感じではあったが、この日は奥さんが数十年ぶりに生長の家の集まり(誌友会)に参加するということで、体調不良ではあったがどうにか一緒に来れました、ということでした。このご主人曰く…
「生長の家が政治活動と関係をきったことは非常に評価できる。というのも、近年世界を騒がせているイスラム教圏内で起こっている戦争などはすべて政治と宗教が絡み付いた結果だから、生長の家(宗教)が政治の世界と離れて正解だと思う」と、大略このようなことを仰っていた。

 すると私自身が一番驚きましたが、この方の感想(意見)に対して即座に出た言葉が概ね次のような言葉だったと思う。

 たしかに9・11以降世界各地で起こっている紛争の火種の一つにイスラム教原理主義の人たちがいるようですが、それはイスラム教すべての人々ではないはずです。というよりも原理主義の人たちが少数であって、大多数のイスラム教の人は温厚であり、教えそのものも非常に寛容な教えです。たしかにイスラム教は教えの中で聖俗一致を主眼にしているので、政治と宗教が一緒になるのは当り前のことなんでしょう。だからといって、それが暴力的な行動(政策)につながるとは必ずしも限らないので、それよりもイスラム教のよいところ、生長の家と似たようなところを見つけて、手を取り合って世界平和を実現していきましょう。云々…

 こんなに綺麗な表現ではなかったかと思いますが、言いたかったことはこう意味で、言い終えたあと内心思わず「大丈夫かなぁ」なんて思いましたが、この方もある程度理解してくれたようだったので安心しました。(^^;

 ご存知のように生長の家では数年前からイスラム教についての勉強が始まっていて、昨年11月には『衝撃から理解へ』という本も出版されました。先日の「法燈継承祭」参列の際、道中にあらためて読んでいたのが良かったのか、上記の感想(意見)にはすぐに返答できたのがとても嬉しかった。しかし私自身が上記の本を読み直して思っていたことは、「イスラム教の人たちと仲良くなるための勉強、もしくは専門家や宗教者に説明するため」という感想でした。
 だが今回の件で気づかされたのは、(本を読む以前の自分自身もそうだったが)マスコミのお陰で間違ったイメージが広がっているので一般の人たち向けにイスラム教の誤解を解くためにもこれは必要な勉強だし関連する質問も増えそうだ、ということでした。

 これかもしっかりと総裁先生のご指導をいただきながら世界平和実現に邁進して参りたいと心を新たにしました。(^o^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

☆感謝♪

生長の家新総裁襲任 立教80年 春季記念祝賀式に参加する機会に恵まれて長崎にある生長の家総本山まで行ってきました。
実は長崎は学生時代にお世話になっていた関係で、生長の家以外にも友人・知人がいます。それで昨晩は教区の皆さんとは別行動で長崎市内の知人を訪ねて宿も近くでとりました。

そこで今朝は路線バスを利用して生長の家総本山まで…。
日曜日なのに朝から大勢乗っているなぁと思いながら乗車すると、今日は公立高校の卒業式だったらしく複数の家族連れが途中まで一緒でしたので、車内は結構満員状態。いつもなら空いていても立っているのですが、今日は荷物多く座りたいなぁと思っていると、珍しく目の前に一つだけ席が空いていました。(^o^)
ラッキー!と思って感謝して座らせていただきました。するとあんなに騒がしかった車内が突然静かに…(*o*)
なんでだろうと思って見渡すと、ちょうど信号待ちで運転手さんがバスのエンジンを切ったところでした。あっ!アイドリンク・ストップをしてくれているんだと気づくとなんだか二重にも三重にもラッキーな気分に♪

その後も何度かアイドリンク・ストップしてくれる運転手さんだったので「降りるときには御礼の一言が言いたい」と決意していざ生長の家総本山前のバス停へ。
すると財布の中には小銭もなく千円札もない…「やばい、運転手さんに両替してもらわなくちゃ」と思って慌てて前方に駆け寄ると、ちょうど目的地に。大慌てで精算を済ませ御礼を言って降りたものの、考えてみると両替の御礼だけでアイドリンク・ストップの御礼がぁぁぁ。
結局、運転手さんには直接言えなかったのでこの場を借りて?
「アイドリンク・ストップありがとうございま~す!!」
(*^o^*)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ