« 車上嵐! | トップページ | blogを書くということ »

2008年11月28日 (金)

萬民豊楽の祈り

前回の「車上嵐」を読まれたソフィーさん(http://sophyno.exblog.jp/)から「“嵐を呼ぶ男”ならぬ“嵐も味方にする男”ですね」なんていうお褒めの言葉?を頂きました。(*^o^*)
ご存知の方はご存知かもしれませんが、このblog等で何度もご紹介した前の上司は、自他共に認める“嵐を呼ぶ男”と呼ばれ、その頃、周りの方から「あの先生の一番弟子だね」なんて呼ばれたりしていたことを思い出すと、“嵐も味方にする男”と名付けていただけるとは、ちょっとは生長したのかな、なんて思ったりしますね(^^;

しかし、よくよく考えてみると、私の好きな祈りの言葉に大聖師直伝の「萬民豊楽の祈り」という沖縄教区にしか存在しない祈りがあります。何故、沖縄教区にだけかと申しますと、昭和35年頃、当時の沖縄教区の幹部が「被害が多い台風に対してどのような祈りをしたらよいですか?」と大聖師にお伺いをしたところ、以下のような祈りを沖縄教区の信徒皆さんで祈るようにお返事があったそうです。

龍宮の大神にまします生長の家の大神、
大神の尊き深き御愛念をもて、
台風並びに降雨を司どり給う、
龍神に詔(みことのり)したまいて
琉球地方に適応(ふさわ)しき五風十雨の所を得さしめ給い
諸人(もろびと)たちの水飢饉を救い給い
台風による被害なからしめ給いて
五穀豊穣、萬民豊楽の大神の御栄えを
この國に恵ませ給え、顕わし給えと
畏こみ畏こみて祈り奉る

以来、沖縄での被害は減っていったそうで、確かに私の幼い記憶の中でも、昔は小学生が水難事故で亡くなるニュースが毎年のようにあったように思いますが、最近ではそういうニュースはあまり耳にしませんし、逆に夏の風物詩のようだった断水も、この20年位は行われていません。
そういったことを考えると、台風(嵐)を避けるのではなく味方にする、自然と調和する祈りで大好きでしたので、ソフィーさんからのお褒めの言葉もこのような祈りが実現(体現)できているかのように感じられ嬉しく思いました。ありがとうございま~す!\(^o^)/
=あなたの愛で“自然”をまもろう=

|

« 車上嵐! | トップページ | blogを書くということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488089/25731502

この記事へのトラックバック一覧です: 萬民豊楽の祈り:

« 車上嵐! | トップページ | blogを書くということ »