« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月25日 (月)

エコキャップ♪

前回紹介した団参事例発表で、実はメイン?のはずだった“エコキャップ”…

それが、前回紹介した感想文の反応があまりにも良すぎて、エコキャップに対する感触がつかめないまま、総本山を後にしましたsad

しかし沖縄に戻ってから教化部長先生や講師会長先生が一言紹介して下さったお陰で、今では教区ぐるみの運動に発展してきましたwink

実は密かに、「東京第一のエコ文化祭(9/27)までに、ワクチン十人分のエコキャップ(8,000個)が集まれば、手土産にちょうど良いのになぁ」なんて思っていました。
すると先週末、あちらこちらからキャップの“差し入れ”が相次ぎ、今日仕事の合間?を見ながら集計した結果、総計で7,300個余りになっていましたgood\(^o^)/

この調子なら来月は胸をはって上京出来そうです…が、あいにく当日はどうしても休みが取れそうにないので、この続きは01081031さんのブログにズームイン!(*^.^*)エコキャップ〓

http://hajikin.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_2712.html#comments

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

第307回 団体参拝練成会

去る7/20、生長の家総本山において、環境保全活動の教区事例発表を担当し、昨年ほどではないが、それなりに楽しい環境保全活動が伝えられたと思う。なんせ、あのいつも明るいS総務からも「明るくて飽きない発表だった」と講評を頂いたので(^^)v

発表内容については総本山のHPから見ていただくか、下記をクリックしていただければ動画として見ることは可能なんですが、UPする時間の関係なのか、楽しいところがほとんどカットされていて、見終えた直後の感想は「よく喋る奴だなぁ」と、われながら呆れてしまったf(^^)
http://snis.jp/html/D307okinawa.html

それでも皆様にぜひ紹介したいのが、教区機関紙「愛の光」にも掲載し、上記の発表の中でも紹介しましたが、5月の教区練成会に参加された方の帰ってからの感想文です。

初めての練成会に参加して/滝智子
 合掌、ありがとうございます。去る五月十六日から五月十八日の二泊三日間、第二八五回沖縄かりゆし練成会へ参加させて頂きました。初参加でしたので、練成会とは、どんな所でいったい何をするのだろうと期待半分、不安半分で参加いたしました。
 しかし、教化部会館の扉を開けますと、そこは別世界でありました。大きな声で「ありがとうございます。」とお世話係の方が笑顔で迎えてくださり不安な気持ちはすべて吹き飛びました。(中略)どの講話もどの行も心に深く残っているのですが、ここでひとつ取り上げさせていただくとするならば、環境保全についてであります。白鳩誌や理想世界には毎月環境について取り上げた記事が記載されているので目にはしていたのですが、どこか他人事というか、北極や南極の氷の話を身近に感じることはなかったのが正直なところでありました。しかし、練成会の場では食事の後片づけひとつにおいても環境に配慮したものでありました。残飯、洗剤、水ともに少なく、食器やお箸も洗いやすく工夫されていました。ゴミひとつにしても皆様ひとつずつ分類し、ゴミがゴミと思えないほど気を使っていらっしゃいました。これは、日頃の自分を反省する大きな材料となりました。練成会を終えて帰宅してからは、そういった面で180度かわる事ができました。お皿を洗う時もお掃除をする時も「ありがとうございます。」とすべての事に感謝を持って取り組む事ができるようになりました。(中略)この気持ちを忘れないうちに、また参加したいと思います。再拝

彼女が地元に帰ってからの活躍はめざましいものがあり、今後も温かく見守りながら、立派な同志になって欲しいと思います♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

ご無沙汰…f(^^)

my blogをご覧の皆さま!
たいへんご無沙汰しておりました(^^;
気がついてみると、一ヶ月以上も放置していて…
足しげく訪問されていた方には申し訳なく思っておりますが
今日からまた“こまめ”に更新できるようしていきたいいと思います
p(^^)q

しかし、これまでこのblogのことを忘れていたわけでもなく
あれも書こう、次はこれを書こう、気にはかけていたんだけども
こうも過ぎてしまうと…はて、何だったけ?(苦笑)
まぁそれは思い出したときに書き綴るとして
最近my hitしたことから書き始めてみようかな(^^)v

聖使命新聞の最新号(8/1号)「マウス編集人から」を読んで“これは是非見なければ”と思い、お盆休みを利用してイスラム教の開祖モハメッドの半生を描いた「ザ・メッセージ 砂漠の旋風」を鑑賞してみた。

これまで副総裁先生のblogや日本教文社発刊の新刊書「イスラームへの誤解を超えて」を読んで、基礎知識は学んでいたつもりだったが、やはり文字だけでは理解しにくい部分もあり、改めて多神教と日本における八百万の神々との違いやバーミヤンの遺跡破壊の真意?が理解できたように思う。

これからもっとイスラム教を始めとする様々な宗教の良いところを学んで、世界平和実現のパートナー作りに頑張っていきたいと思う今日この頃…そのためには国際人らしいコミュニケーションのツールも必要なんだけどね(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »