« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月16日 (水)

努力が感謝にかわる!

先日の地元紙(琉球新報)夕刊にとても共感できるステキなコラムがあったので以下に全文を紹介したいと思います。

---------------------------------------------------

努力の大切さ知った
             池田卓
1997年夏、甲子園を懸けた高校野球の県大会決勝戦。高校3年間を野球に注ぎ、耐え抜いてきたが、結果は惨敗。人目をはばからず泣き崩れた。目標や夢を探す気力もない。「目標や夢を実現させるにはもっともっと頑張らなければ」あの日をばねに、自分なりに十年間走り続けた。
 もし夢がかなっていたら、素晴らしい経験をして新たな道に進んでいたはず。でも、なぜかぞっとする。あの悔しさを思い出し、何度も苦労を乗り越えてきた。今を与えてくれた日。一生懸命頑張ること、精いっぱい努力することが、何より大切だと気付かせてくれた。故・裁義弘監督、仲間、勝とうが負けようが頑張ろうがくじけようが、いつも見守っていた両親、家族に感謝したい。
(シンガー・ソングライター)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

思い出したこと

新年度も無事スタートし、来月の全国大会を心待ちにしている今日この頃…フト、先月書き忘れていたことを思い出した!?

実は先月、座間味島へ行ったときのことを(私なりに)軽く書いたつもりが、やはりヘビーな内容だったらしく、その後どう書いたらよいか思案しているうちにすっかり忘れてしまっていた(^^;

沖縄戦については色々な話を見聞されていると思いますが、日本軍の代表的な悪行?として、平和祈念資料館でも展示され物議をよんだ、兵士が母子に対して日本刀や銃で威嚇し壕から追い出している光景があります。こういう光景は県内各地の壕で実際に起こっていました。
そのキャプションとしては「住民を守るはずの兵士が、自ら生き延びるために住民を追い出した」みたいなことが書かれていたり語られたりしています。

しかし実際は、日本軍の兵士は皆「早く投降して下さい」「あなた方は生きて沖縄のために尽くしてください」と言っているにも関わらず、ひめゆり学徒の方々は「死ぬ時まで一緒といいながら、ここに至っては投降せよというんですか」と将校らに反論してきたものだから、抜刀して「ここまで言っても分からぬのか、たたっ切るぞ」といって強制的に投降させた。それが刀や銃で威嚇している光景の真実なんです。

それではなぜ、真逆な証言をする人たちがいるのでしょうか?よく考えてみるとそういう証言をしている人の大半が60代70代の人たちで当時はまだ話の意味もよく理解できない年頃の方々ばかりです。そんな子どもが、裏切られた気分で悔しくて泣きながら壕から出て行く肉親らに連れられていく光景を見てどう思うでしょうか?
しかも戦後は米軍統治下にあって「日本軍は悪かった」みたいな教育をされ「自分たちは犠牲者だ」という被害者意識で育っていますから、善意で抜刀し投降させたことが「脅して追い出された」と受け取られても仕方がないのかな、と思ったりもします。しかし、真実は真実として伝えておかなくてはいけないと思いますし、沖縄県民が発することに意義があると思ったので、あえて書かせていただきました。

たぶん誰も嘘をついてはいないでしょう…
きっと見る角度が違っているだけなんだ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

お久しぶりでぇ~す(*^o^*)

まず言い訳から…(^^;
年度末で忙しかったこともありますが、こうも書かないと何から書き始めればよいのか、ちょっと(どころか、かなり)躊躇していました(苦笑)
自分で実践してみて改めて副総裁先生がコンスタントに書き綴られていることに感心すると共に、ホントに有りつづけることの難かしさが解り、唯々感謝です(^人^)

 さて時期が1週間ほどずれたかもしれませんが…皆様のご声援のおかげで“沖縄尚学高校が9年ぶりに日本一に輝きました!”

\(^o^)/ありがとうございます!!

9年前の優勝を覚えていらっしゃる方はご存知かもしれませんが、沖縄尚学の理事長(名城政次郎氏)は生長の家の信徒でして、あの時の「理想世界ジュニア版」では特集記事を組んでいただき、取材の名の下にあの紫紺の優勝旗を担いだことが走馬灯のように思い出されます(笑)

NHKのTV放送でも取り上げていましたが、応援団が使用していた厚紙製の緑色のメガホン☆そこに書かれいた文字は“勇気”と“友情”そして“感謝”の3文字でした☆優勝した後のキャプテンのインタビュー等でもそうでしたが、最初に口にしたのは「甲子園で応援してくれた皆様をはじめ、ここまで色々なところで陰で支えてくれた家族や関係者、またテレビの前でずっと応援してくれた沖縄県民の皆さん、その他大勢の皆様本当にありがとうございました!」という感謝の言葉でした(^o^)

準決勝の大逆転の時も泣きそうになりましたが、この優勝した後のインタビューには(仕事中でしたが…)無茶苦茶感動しましたぁ~(ToT)
沖縄県勢が優勝しただけでも嬉しいのは勿論ですが、生長の家の教えが行き届いている?沖縄尚学が優勝したので二重の喜び浸っています♪

P.S
BIGFL@様、聖望学園惜しかったですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »